帰国子女としての悩みや苦労。隠れキコクとなった経緯、そしてカミングアウト。その後は駐在妻も経験して、今は完全アウェーで子育て中。そんな日々の想いや、英語にまつわるエピソードを綴ります。

帰国子女ハリッピのホンネと英語こぼれ話

英語こぼれ話

英語で食事をテイクアウトするときの違い

更新日:

日本人から見ると、同じ≪英語≫に思えても…
イギリスとアメリカとで言い回しが違うことって結構あります。

「違和感はあるものの通じる」とか、
「何となく意味は分かる」という場合はいいのですが。

決定的に違う場合もあるので、要注意!

その一つが、ファーストフード店などで食事を持ち帰るときの言い方。

ファーストフード店では大抵、カウンターでの注文の際に
 店内でお召し上がりですか? お持ち帰りですか?」
などと訊かれますよね。

この「店内で」のほうは、比較的、分かりやすいと思います。

 イギリス英語: eat-in = 中で食べる
 アメリカ英語: for here = ここ用の

国によってまるで違うとはいえ…もし間違えて、
イギリスでアメリカ英語を使ったり、
アメリカでイギリス英語を使ったりしたとしても、
それなりに言いたいことは伝わるはずです。

ところが、問題は「持ち帰りで」のほうです!!

日本では一般的に take out(テイクアウト)と言いますね。
でも、イギリスアメリカには別の言い方があります!

 イギリス英語: take away = 持ち去る
 アメリカ英語: to go = 出かける用の

訳を見れば、どちらも納得してしまいそうですね…。
でも実はこれが、イギリスとアメリカとの
互いに、絶対に、相容れないところ
なんです!!

もしイギリスで、アメリカ風にこう言ってしまったら…?
 「 To go, please.(持ち帰りで、お願いします)」

店員さんは多分…キョトン?とするでしょう。
おそらく通じません!!!

そしてもし、アメリカイギリス風に言おうとしたら…?
 「 Can I take it away?(それ、持ち帰りできますか?)」

店員さんは多分…えええええ!?と驚くでしょう。
アメリカ英語での take away は、別のニュアンスが強いからです!

 アメリカ英語: take away = 奪い去る

ということは、アメリカ人にとっては…。
 「 Can I take it away? 」
  「それ、持ち帰りできますか?」
 = 「それ、奪い去ってもいいですか?」
つまり…今から強盗しますよ?と同じ!?!?

そりゃあ驚きますよね。 (^_^;)

こう書くと「うわぁ~、間違えないようにしなきゃ!」と
焦ってしまう方もいるかもしれませんが。

大抵の場合は、店員さんが訊いてくれると思います。

 イギリス英語Eat in or take away? 」
 アメリカ英語For here or to go? 」

店員さんが使う言葉に合わせて返事をすれば大丈夫です♪

ブログランキング

ランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ 

-英語こぼれ話

Copyright© 帰国子女ハリッピのホンネと英語こぼれ話 , 2020 All Rights Reserved.