帰国子女としての悩みや苦労。隠れキコクとなった経緯、そしてカミングアウト。その後は駐在妻も経験して、今は完全アウェーで子育て中。そんな日々の想いや、英語にまつわるエピソードを綴ります。

帰国子女ハリッピのホンネと英語こぼれ話

帰国子女あるある

英語圏の学校では外国語教育で何を習う?

更新日:

私たち日本人にとって≪母国語≫である日本語は、
残念ながら、かなり地域限定というか… (^_^;)
世界中の、より多くの人とコミュニケーションをとるには
≪外国語学習≫が欠かせませんよね。

そこで私たちが学ぶのが、英語!!
英語は今やメジャーでグローバルな言語!!

でも日本の英語教育は今まで評判が悪く、
「何年も習っても話せるようにならない」
と言われてきましたね。

そういう意味では…英語圏の人ってうらやましくありませんか!?
最初から、世界的に通用する言語
≪母国語≫として知っているなんて!
ごく普通に使いこなせているなんて!

でも、逆に…英語圏の人たちにとっての
≪外国語学習≫って一体どんなもの…?


それは、国によって違うようですね。
歴史的・地理的な事情はそれぞれなので、
≪英語圏≫とひとくくりにはできません!

まず、私が子どもの頃にいたイギリスでは
≪ヨーロッパ諸言語の学習≫に、すご~く積極的でした。

 第1外国語(必修):フランス語
 第2外国語(必修):ドイツ語
 第3外国語(選抜):スペイン語

ヨーロッパ大陸に近いからです!
そして大陸側の諸国では、あまり英語が通じない
(英語を公用語とする国がない)からです!

ちなみにフランス語は、ヨーロッパではフランス以外にも
ベルギースイスイタリアの一部などで使われています。

ドイツ語はドイツ以外にも、ベルギースイスオーストリアルクセンブルグリヒテンシュタインで使われています。

イギリスでは、まずは小学生でフランス語を習い始めて、
数年後にはドイツ語も始めます。
また、全員に必修ではないものの、一部の成績優秀な生徒は
中学生くらいでスペイン語を学ぶ機会も与えられます。

私立か公立かなど、学校によっても違うんですが…
私の学校ではフランス語の授業はレベル別クラスに分けられ、
他の科目の履修にも影響がありました。

フランス語スペイン語って共通点が多くて、
フランス語が得意ならスペイン語も簡単♪
だからフランス語が上級クラスだとスペイン語も履修するコースに。

一方、中級クラス下級クラスの生徒は
言語学習にはあまり向かないタイプとみなされ
Culture and Civilization(文化と文明)
とかいう、全く関係ない授業を履修するコースでした。

そして、どの≪外国語≫を習うにしても
実用的な会話を重視した授業内容でした!

まずは、自己紹介!
 名前・出身地・趣味などを言えるように。
次は、旅行のシミュレーション!
 駅までの道順やトイレの場所を尋ねたり。
 切符を買ったり、喫茶店で注文したり。

実際、家族旅行で何度か大陸側へ渡ったときには、
あまりにも英語が通じなくて!

私の英語が下手…とかいう問題ではなく、
向こうがほとんど英語を知らなくて!!

そんなとき、学校で習っていたフランス語ドイツ語
本当に役に立ちましたよ!

私がイギリスに住んでいたのは約30年前で、
EU(欧州連合)なんてまだ存在せず
東ドイツ西ドイツが別の国だった時代ですから、
今は違うのかもしれませんが。

さて、イギリスと並んで言語教育に熱心な英語圏の国が
カナダです!
英語フランス語のどちらも公用語!
州により英語中心の地域フランス語中心の地域がありますが、
英語圏ではフランス語を、
フランス語圏では英語を、徹底的に学習!
だから英語フランス語もペラペラというバイリンガルが多い!!

逆に、意外にも外国語に疎い英語圏の国は
…なんとアメリカ!?

アメリカの学校で≪外国語≫といえば、まずスペイン語
隣国カナダではフランス語に限らず英語も使えるので不都合なし☆
一方、メキシコ南米諸国のほとんど(ブラジル以外)は
植民地時代の影響でスペイン語を使う国が圧倒的!
だからアメリカでは、スペイン語が重視されているんです。

ところが、アメリカ人にはどうしても
「我々が世界のスタンダードなんだ!
 そっちが英語を勉強してよ! (^_-)☆」
という自信(?)がつきまとうようで…。

日本の場合とかなり理由は違うものの
「外国語は習ったけど、結局あんまりしゃべれない~」
という人は多いらしいですね…。

英語圏には、他にオーストラリアもありますが
私は住んだことがないので少し調べてみました。

すると…どうやらかなり自由な制度らしくて。
いくつかの言語から、学校ごとに第1外国語を選定しており
選択肢の一つに日本語も入っているそうです!

日本での英語教育も、見直されています。
2020年から小学校で必修科目になります。
中学校での授業内容は大きく変わり、
高校や大学の入試も改革されるとのこと。

学習開始を早めることも重要でしょうが、
ぜひ効果的な学習方法を導入してほしい!
そして、楽しく自在に英語を話せる日本人が増えてくれることを願っています☆

ブログランキング

ランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ 

-帰国子女あるある

Copyright© 帰国子女ハリッピのホンネと英語こぼれ話 , 2020 All Rights Reserved.