帰国子女としての悩みや苦労。隠れキコクとなった経緯、そしてカミングアウト。その後は駐在妻も経験して、今は完全アウェーで子育て中。そんな日々の想いや、英語にまつわるエピソードを綴ります。

帰国子女ハリッピのホンネと英語こぼれ話

英語こぼれ話

ロクセット名曲タイトルの別解釈! 『消えゆく花の…』は違う?

更新日:

スウェーデン出身の超人気デュオ
Roxette(ロクセット)
をご存知でしょうか?

1980年代後半以降、数々のヒット曲を飛ばし続けていて
男性のペール女性のマリーもヴォーカルができるので
ペールが歌う男性目線の曲もあれば
マリーが歌う女性目線の曲もあるのが
大きな魅力!!

私はこの Roxette の曲が大好きで
CDを何枚も持っています!
歌詞を覚えてしまうほど繰り返し聴いてきました♪

自然と身体が動き出すノリの良いロック
切なくて胸を締めつけられるバラード
どちらもいいんですよね~! (*^_^*)

さて、そんな Roxette の大ヒット曲
 『Fading Like A Flower
   (Every Time You Leave)』
1991年にリリースされた失恋ソングで、
作詞作曲はペール、ヴォーカルはマリー。
心が引き裂かれるような切なさ・哀しさが胸を打つ名曲です!!

来日して音楽番組で歌ったこともあり、
日本向けの邦題もつけられています。
 『消えゆく花のように』
…でも、ちょっと待って…?

訳者の方には申し訳ありませんが、
これって誤訳では?と思うんです。

『消えゆく花のように』を英語に戻したら
Like A Fading Flower になるはず!
Fading Like A Flower にはなりません。

この違い、分かっていただけますか…?
何が Fading しているのかが違うんです!

 Like A Fading Flower
  → Fading しているのは≪花≫

 Fading Like A Flower
  → Fading しているのは≪私≫

後者は英文のどこにも≪私≫という単語が
入っていないように見えますよね。

でも実はこのタイトルは、一番盛り上がる
サビの歌詞の一部からとられています。
つまりサビの歌詞の文脈を考慮する必要が
あるんですね。

著作権などの関係もあるので、
ここでは歌詞全文は掲載しませんが…。

あくまでも、英語として勉強するために。
タイトルに関係ある部分のみ書きますね。

 Every time you leave the room,
  I feel I'm fading like a flower.

ほら、fading しているのは≪私≫

ところで、先程から fading だけは
敢えて英語のまま扱っているんですが…
実はその訳し方にも疑問がありまして

まず、fade という単語のニュアンスは、
ぼんやりと、ふわ~っと…つまり少しずつ、
なくなっていく感じ
です。

ただし、何がなくなるのかによって
訳し方も微妙に違ってきます!
 [光・音などが]消えていく・弱まる
 [色などが]薄くなる・褪せる
 [力などが]衰える・やわらぐ
 [植物が]しおれる

そう。ここでは『花のように』ですから
≪色褪せる≫≪しおれる≫が適切では?

花が絶滅するという歌詞でもないので
≪消えゆく≫では少し変でしょう?

ここで、もう少しだけ歌詞を見てみると
 Every time you leave the room,
  I feel I'm fading like a flower.
 Fading like a rose,
  Fading like a rose,
   Beaten by the storm.

サビの後に一度だけ出てくる歌詞で、
≪花≫が具体的には≪バラ≫で、
Fading の理由は≪嵐に打たれて≫だと明かされます。

嵐に打たれたバラ≫であれば…
≪色褪せて≫よりは≪しおれて≫がふさわしそう。

つまり私の解釈では、この曲のタイトルは
 『花のようにしおれて』
あるいは、意訳が許されるならば
 『嵐に打たれた花のように』

サビの部分を訳すなら
 『あなたが部屋を出て行く時はいつも
  私は花のようにしおれていく気になる』
…なんて、いろいろ考えてから。

CDの歌詞カードでサビの和訳を読んで、驚きました!!
 『あなたが部屋を出ていくたび
  花のようにしおれる自分を感じるの』

私の解釈とは少々違う部分もあるものの、
歌詞のほうは大体ちゃんと訳されてる~!

って…すみません、今更で。 (^_^;)

私は洋楽を聴くとき、
歌詞カードで原文を確認することはあっても、
和訳の部分はあんまり見ないんですよ。

本当にひどい誤訳ゲンナリすることも多いので、
見なくなりました。

ところが…これはマトモなんですね!!

じゃあ、どうしてタイトルのほうはもっと
忠実に訳してくれなかったんでしょう!?

そうしたら、私がこんなふうに
「絶対に違う~! 説明するとしたら…」
なんて悶々とすることもなかったのに~!

何はともあれ、名曲であることには変わりありません。
まだ知らないという方は、是非聴いてみてください♪

ブログランキング

ランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ 

-英語こぼれ話

Copyright© 帰国子女ハリッピのホンネと英語こぼれ話 , 2020 All Rights Reserved.