帰国子女としての悩みや苦労。隠れキコクとなった経緯、そしてカミングアウト。その後は駐在妻も経験して、今は完全アウェーで子育て中。そんな日々の想いや、英語にまつわるエピソードを綴ります。

帰国子女ハリッピのホンネと英語こぼれ話

子育ての工夫

海外でも困らない! 赤ちゃんの名付け方【読み方・性別編】

更新日:

夫は海外赴任経験者。妻の私は帰国子女。
我が子には名前に関する苦労をさせたく
ない
と願う私たちが、息子と娘の名前を
決める際に実際に気を付けたポイント

について書いています!

前回の記事でも書いたのですが、
私たち夫婦が特に意識したのは3点。

1. 悪い意味の言葉にならない

2. 正しく読んでもらいやすい

3. 男女の区別がつきやすい

このうち≪意味について≫は前回の記事で
詳しく書きました。

今回は、残るポイントについてご説明していきます!

ただし前回同様、お断りしておきますが
これは私たち夫婦の主観であり
あくまでも我が子の名前に関する個人的見解です!
他の方のお名前を批判したり揶揄したり
する意図は一切ありませんのでご了承ください。

…と前置きをさせていただいた上で、さて。

少しでも英語を学んだことがある方なら
お分かりでしょうが、英語の発音の仕方
≪ローマ字読み≫とは違います。

同じアルファベットを使っていても
別の言語にはまた別の読み方もあります。

私は英語はもちろんですが
フランス語ドイツ語スペイン語
習っていたので(だいぶ忘れましたけど)
そうした言語の特色も考慮しながら
子どもたちの名前を決めたんです!

≪母音について≫
 ai …「アイ」でなく「エイ」になる
 au …「アウ」でなく「オウ」になる
 ae …「アエ」でなく「エー」になる
 ie …「イエ」でなく「イー」になる
 ou …「オウ」でなく「アウ」や「ウー」になる

発音記号ではないので、ざっくりですが…。 (^_^;)
こんなふうに2つ以上の母音が並ぶと、
それぞれバラバラには読まず、
組み合わせ次第で全く別の読み方になる
場合がありますよね。

特に英語やフランス語には、こうした
二重母音特有の発音が多い気がします。

そこで、明らかに読み方が変わりそうな
二重母音は含めないようにしました。

一方、ドイツ語やスペイン語は比較的
ローマ字読みに近い母音が多いのですが、
今度は一部の子音に注意が必要です!!

≪子音について≫
 g …スペイン語では
   gi」「ge」になる
 h …フランス語やスペイン語では
   発音しない(子音なしア行になる)
 j …スペイン語では「ハ行」、
   ドイツ語では「ヤ行」になる
 y …スペイン語では
   ジャ行」になる場合がある

これらはあくまで、一例です。
もちろんすべての言語は網羅できませんが
少なくとも私が学んだことのある
フランス語・ドイツ語・スペイン語で
≪ローマ字読み≫違う発音になる
上記の子音入れないようにしました。

≪性別について≫
 o で終わる名前:男性の名前
 a で終わる名前:女性の名前

これは、スペイン語やイタリア語などに
見られる大原則です。

例えば「Mario(マリオ):」、
だけど「Maria(マリア):」というように。
「Leonardo(レオナルド):
「Anita(アニタ):」というように。

ところが、これを日本人の名前
あてはめると、誤解を招きやすいんです…。

「~」「~」などの男性の名前は
「~ta」「~ma」で終わるから
女性でしょ?」と思われてしまう…。

「~」「~」などの女性の名前は
「~ko」「~yo」で終わるから
男性でしょ?」と思われてしまう…。

日本では、とても一般的な名前なんですけどね!

海外に行くと性別を間違われたり
逆に性別に合わせて、なんと勝手に
名前を書き換えられてしまったり!!

↑これ、本当の話です!
 女性の名前が o で終わるのはだし
 日本人はアルファベットが苦手だから
 きっと書き間違えたんだよね?
 可哀想だから、書き直しておいてあげたよ~♪
って言われたことがあります…。(*_*;)

だから息子には o で終わる名前を、
そしてには a で終わる名前をつけましたよ~!

また、語尾とは関係なくても
とても一般的な外国人の名前と似ていて
その性別を当てはめられてしまう場合も!!
あんり(日本では女性名
Henri(フランス語では男性名)」
けいと(日本では男性名
Kate(英語では女性名)」

前回も書きましたが、もしも
すでにそのような名前だとしたら
海外ではできるだけ愛称を用いる
いいかもしれませんね。

…いかがでしたか?
名付けは≪親から子への最初のプレゼント≫ともいわれます。

もちろん日本語としての響きや、
漢字の意味、字画などなど…
いろいろな決め手があっていいと思うんです。

でも今後グローバル化していく社会で
お子さんが思う存分に活躍できるよう、
≪国際的な名前≫という観点も
ご紹介してみました♪

ブログランキング

ランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ 

-子育ての工夫

Copyright© 帰国子女ハリッピのホンネと英語こぼれ話 , 2020 All Rights Reserved.