帰国子女としての悩みや苦労。隠れキコクとなった経緯、そしてカミングアウト。その後は駐在妻も経験して、今は完全アウェーで子育て中。そんな日々の想いや、英語にまつわるエピソードを綴ります。

帰国子女ハリッピのホンネと英語こぼれ話

子育ての工夫

国際的な名前とは? 赤ちゃんの名付け方【意味編】

更新日:

海外赴任経験者の夫と、帰国子女の私。
こんな≪外国かぶれ≫な私たち夫婦が
息子や娘に名前を付ける際には
もう、それはそれは悩みましたよ~!!

名前のせいで海外で苦労する日本人を、
いやというほど見てきたからです。
 「おかしな意味にとられてしまう」
 「正しく読んでもらえない」
 「性別を誤解される」

名前って、ほとんどの人の場合、
自分で付けたわけじゃないと思います。
でも、そう簡単には変えられない。
一生その名前に伴う苦労を背負い続けて
いかなければならない…。

だから私は、自分に赤ちゃんが生まれたら
外国でも困らない名前をつけてあげたいと
ずっと思ってきたんです。

その想いは、夫にも共有してもらうことができました。
夫は帰国子女ではありません、でも
社会人として海外出張も海外駐在もして、
日本人の名前に関する苦労
やはりいろいろ知っていたので…。

というわけで、今回は私たちが
我が子が国際人になれるよう
実際の名づけで注意したこと

について書いてみようと思います!

ただし、これは私たち夫婦の主観であり
我が子の名前に関する個人的見解です!!
他の方のお名前を批判したり揶揄したり
する意図は一切ありませんのでご了承ください。

それでは早速、私たち夫婦がこだわった
ポイントをご紹介しましょう!

1. 悪い意味の言葉にならない

2. 正しく読んでもらいやすい

3. 男女の区別がつきやすい

私たちが意識したのは、この3点です!!
順を追って、ご説明していきますね~。

≪意味について≫
日本語では素晴らしい名前でも、
ひどい英語つづり似ている
場合があるので、要注意なんです!

!!だけ聞くと…!!
「なつ ≒ nuts(バカ)
「あぐり ≒ ugly(醜い)
「さいこ ≒ psycho(精神異常者)
「れいじ ≒ lazy(怠惰な)
「しょうと ≒ short(背が低い)
「ゆうりん ≒ urine(尿)
「ゆうだい ≒ You die!(お前、死ね!)

また、音で聞いたら間違わないけれど
つづりから何となく他の言葉を連想して
びっくりしてしまう例も…!!

!!つづりを見ると…!!
「ふくや ≒ Fu(シー)k ya!
     (てめぇ、犯すぞ)

「よしと ≒ You sh(アイ)t!
     (お前、クソったれ)

お下品で、すみません…。 m(_ _)m
それから、ひどい意味ではないけれど
頻繁に使う単語と音が似ていると
混乱を招きやすくなります!!

!!ややこしい…!!
「あい ≒ I(私は)
「まい ≒ my(私の)
「みい ≒ me(私に)

他にも、ネットで検索すると
いろいろと出てくるんですよ~。

外国の方から怪訝な顔をされたり
笑われたり…ということがないように、
あらかじめ調べて避けるようにしました。

もしすでにそのような名前の方がいたら
海外ではできるだけ愛称を用いる
いいかもしれませんね。

長くなってきましたので、
≪読み方について≫≪性別について≫
次回にさせていただこうと思います。

そちらも是非、お楽しみに!! (^-^)♪

ブログランキング

ランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ 

-子育ての工夫

Copyright© 帰国子女ハリッピのホンネと英語こぼれ話 , 2020 All Rights Reserved.