帰国子女としての悩みや苦労。隠れキコクとなった経緯、そしてカミングアウト。その後は駐在妻も経験して、今は完全アウェーで子育て中。そんな日々の想いや、英語にまつわるエピソードを綴ります。

帰国子女ハリッピのホンネと英語こぼれ話

英語こぼれ話

外国のエレベーターに乗るには?

更新日:

ビルなどにある、昇降機
日本では、エレベーターと呼びますね。

このまま英語として使えそうですが…?

実は、elevator(エレベーター)アメリカ英語です。
イギリス英語では、lift(リフト)といいます。

そして、これだけならば。
よくある、英米による単語の違い…で済まされそうです。

ところが、面倒なのは。
階の数え方まで、英米では違うという点!!

まず、アメリカ英語で階数を表現すると…

1階 = First floor
2階 = Second floor
3階 = Third floor

日本と同じなので簡単ですね♪

一方、イギリス英語で階数を表現すると…

1階 = Ground floor
2階 = First floor
3階 = Second floor
4階 = Third floor

日本とは、ずれています!
Ground floor = 地上階 が入って、ややこしい~!

階数表示板や、階数指定ボタンを見てみると、
 「・1・2・3」
などと、略して書かれています。
でなく0(ゼロ)と表記される場合もあります!)

もっとも、このイギリス式の数え方は、
ヨーロッパのほとんどの国で採用されているので…。

イギリスとアメリカの違いというよりは、
ヨーロッパとアメリカの違いといえそうですね!

ちなみに、もし地下がある建物ならば。

地下 = Basement

表記はです。
これはアメリカイギリス共通です!

それから、エレベーターの話題のついでに…。

皆さんは、手動ドア式のエレベーターって
ご存知でしょうか?

外国には、旧式のエレベーター
まだまだ現役で活躍しているところがあるんです。

この旧式エレベーターのポイントは、
(1)手動ドア
(2)二重ドア
という点です!

自分の待っている階にエレベーターが到着しても…
待っているだけでは、乗れません!!

まず、フロア側の扉を、手で開けます!
※引き戸や、折り畳み扉(蛇腹式)がほとんど。

すると、エレベーターの箱(カゴ)が見えます。

エレベーター側の扉も、手で開けます!

これでようやく、エレベーター内に入れます。

中に入ったら、まずフロア側の扉手で閉めます!

続いて、エレベーター側の扉手で閉めます!

行き先の階を指定して、エレベーター発進!!

慣れないと、あたふたすると思います。
乗り込んだ後って、ついつい手前にある扉だけ
閉めればいいような気になってしまうから…。

でも安全上、二重ドアをどちらも閉めないうちは
発進できないようになっています!!

なんだかワクワク・ちょっぴりドキドキの
旧式エレベーター!
今後は減っていくかもしれませんが、
もし見かけたら是非乗ってみてください♪

ブログランキング

ランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ にほんブログ村 主婦日記ブログへ 

-英語こぼれ話

Copyright© 帰国子女ハリッピのホンネと英語こぼれ話 , 2020 All Rights Reserved.